追記事項

サイトマップ

格安チケット.comのヘッダー画像

ブログタイトルの変更のお知らせ


読者の皆さん、大切なお知らせです。

主体的なブログ運営を確立するするため、ブログのタイトルが変更することを検討しました。

検討した結果、トップページのタイトルを変更することが決定しました。

タイトルの変更点として、下記の通りです。

変更前の場合→漫然な見出しの点であったこと

変更後の場合→読者の皆様にわかりやすい見出しにリニューアルする

と、大きく変更しているのが特徴です。

お気付きかもしれませんが、ブログタイトルは変更済です。

1.変更する前の見出し(※トップページの変更が対象)
格安チケットの新幹線,航空券・早得情報

2.変更した後の見出し(※トップページの変更が対象)
格安チケット.com

となります。

大幅なリニューアルに該当するため、ブックマークをなされている方はやり直しをお願い致します。

これからも、よろしくお願いいたします。


JTBが、ついに米エクスペディア社と強力タッグ!(他社もあり)

2月21付の読売新聞(WEB版)の記事で、ここまで来たかといえる出来事があった。

というのも、日本の最大手旅行会社であるJTBと、米国のネット専業旅行会社の米エクスペディア社と業務提携すると正式に発表したのです。

かつては、日本で予約する場合とアメリカで予約をする場合、それぞれ別々のサイトにあらかじめアクセスする必要があり、たどり着けないケースが多かったのです。

ちなみに、実施の時期は下記の通りです。

1.JTB→エクスペディア社取り扱いのホテル・世界で約15万軒が対象:2013年の秋から実施。

2.エクスペディア社→JTB取り扱いの旅館約7千軒が対象:2013年の夏から実施。

この時期から実施すると、波及効果を期待することが可能なのは、むしろ日本側ではないかとみています。

また、日本の有名旅館を英語版で紹介し、口コミに回れば集客力をアップすることは可能です。

2013年の秋からどうなるのか、様子を見たいところです。


ANAの座席予約がパーになるとは。

全く考えられない「事件」が起きた。

あろうとことか、全日本空輸の座席予約システムの不具合が原因だという。

対象となるのは来年の2月の予約分(2013.2分)が対象とのこと。

航空券そのものの予約は問題ないが、肝心な座席指定の分が消失したとか。

該当者には気の毒であるが、改めて座席指定の予約の手続きが必要。

電話,WEBで予約した方は、改めて申し出れば簡単にやり直すことは可能だが、旅行会社で予約した方は改めて旅行会社へ出向くか、或るいは電話で予約のやり直す必要があるので、早めの手続きが必要です。(重大告知にあたります。)

座席指定の予約はお早めに。


当分の間、ブログの更新回数を減らします。

読者の皆さんに大事なお知らせです。

管理者自身は新たな仕事が入ってきたため、記事更新の頻度が減ります。

その理由は、自宅での他に外出に伴う営業の業務についているため、当ブログでの記事更新は合間をぬっての更新になります。

このため、書き上げるペースが一定に行うには困難です。

最新の格安チケットに関する新着記事情報につきましては、他サイトへの閲覧をお願いたします。

読者の皆さんにご迷惑をかけ、誠に申し訳ございません。


金券ショップ情報分の再追加

本日 2011.7.17 15:40現在、早得情報の追記として、金券ショップ情報の項目追加(都道府県別の地名別リストの追加、市町村・地域別)を行いました。

上記のカテゴリについて項目の追記はしたものの、販売店リストの掲載については追加配信が完了次第、随時掲載を行う予定です。

なお、北海道,沖縄県につきましては地方別の設定はなく、直接に各地域別のリンクにアクセスすることは可能です。(7月17日現在は、本文のみの掲載です。)

今後もよろしくお願いいたします。



スポンサーリンク