格安チケットの新幹線とホテルさいと【宿泊プランなど各種メニュー有り】|格安チケット.com

サイトマップ

格安チケット.comのヘッダー画像

格安チケット.comへようこそ!

格安チケット 新幹線 航空券 ご挨拶

格安チケットといっても、いろんなタイプがあってお困りでありませんか?

そこで、当サイトのページがお役に立ちます。

管理者自身が独自に収集したお勧め情報を提供するのが特徴です。

主に取り上げるカテゴリは大きく分けて新幹線,国内航空券,総合案内を用意しています。

読者にやさしいサイト運営を目指します。

では、ゆっくりご覧くださいませ。

新幹線の格安チケットについて

格安チケット 新幹線

ここで取り上げるカテゴリの内容として、金券ショップの情報や、新幹線の線区別のチケット情報を掲載しています。

また、各新幹線の線区には発着駅別の項目を設け、すぐ探すことができます。

利用頻度が高い方に向いているカテゴリです。

航空券の格安チケットについて

格安チケット 航空券

ここで取り上げるカテゴリの内容として、国内・海外航空券の情報や、付随する海外ホテル,レンタカー,クルーズ,ツアー情報を掲載しています。

大きな特徴は海外航空券にあり、地域別に掲載している点であります。

また、ビジネスで利用する方には、あわせてレンタカーの項目もあわせて掲載しています。

旅行だけでなく、ビジネスなどの出張に活用することができます。

格安チケットの総合案内について

格安チケット 総合案内

新幹線や航空券だけでは収まりきれない情報を掲載しています。

主な項目として、鉄道乗車券,レンタカー予約(但し、国内分)などあわせて16項目に及びます。

掲載する内容として、該当する金券ショップの情報を掲載している点にあります。

なお、閲覧した時点で在庫が無い場合はありますがご了承ください。

スポンサーリンク

格安チケット.com 管理者のブログ

ツイッターへの送信テスト(格安チケット.com)

更新履歴

格安チケット・記事 画像(格安チケット.com)

ただいまから、配信表示テストを行います。テストですので、じっくり読まなくてもOKです。なお、過去記事として残します。お知らせは以上です。

オリオンツアー(ツイッター)

管理者のコラム

オリオンツアーの公式ツイッター。最新の情報は、下記のタイムラインでご確認ください。

ブログタイトルの変更のお知らせ

追記事項


読者の皆さん、大切なお知らせです。

主体的なブログ運営を確立するするため、ブログのタイトルが変更することを検討しました。

検討した結果、トップページのタイトルを変更することが決定しました。

タイトルの変更点として、下記の通りです。

変更前の場合→漫然な見出しの点であったこと

変更後の場合→読者の皆様にわかりやすい見出しにリニューアルする

と、大きく変更しているのが特徴です。

お気付きかもしれませんが、ブログタイトルは変更済です。

1.変更する前の見出し(※トップページの変更が対象)
格安チケットの新幹線,航空券・早得情報

2.変更した後の見出し(※トップページの変更が対象)
格安チケット.com

となります。

大幅なリニューアルに該当するため、ブックマークをなされている方はやり直しをお願い致します。

これからも、よろしくお願いいたします。

2016年(挨拶)

更新履歴

読者の皆さんへ

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

2015年の一年間は静養とリハビリで明け暮れ、再起をかけた一年でありました。

また、今まで行った業務(ブログ記事の点検)の見直しがあったのと、記事の更新作業を停止した年でした。

しかし、2016年が明けてホッとしたところです。

自宅で年越ししたこと、喜びを感じる今日この頃です。

今までの災難を振り払うため、全力で上げます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月12日 

遅延のお詫び

追記事項

格安チケットの航空券情報・追記事項(カテゴリ)画像

読者の皆様、お久しぶりです。

5月1日現在、本日も外来でのリハビリを終え、自宅に戻っていたところです。

外来リハビリの内容は、自宅での課題(穴埋め,文章構成,日記)の添削,マンガのストーリー,文章問題などです。

不定期では有りますが、ウォーキングも再開しています。

歩みは遅いですが、前進あるのみです。

読者の皆さん、応援をよろしくお願い致します。

格安チケット・記事 画像

著者のお詫び

追記事項

格安チケットの航空券情報・追記事項(カテゴリ)画像

当ブログの閲覧している読者の皆様へ

2014年11月29日~2015年1月17日にかけ、入院しました。

約1ヶ月半、長きにわたる入院生活を送ってきました。

じつは、人生で初めて入院でした。

正直にいいますが、こんなもの状態でよく持ったといえます

おかげで体は良くなっているものの、言語はまだまだ。

前途は多難ですが、前向きに行こうと思います。

しかし、言語に関してはしっかり治したい考えています。

なお、業務とリハビリ日々で送っているため、ブログ記事は合間の配信となります。

しばらくお待ちくださいませ。

格安チケット・記事 画像

夜行バス用 シートの着席体験リポート

管理者のコラム

バス旅行のイメージといえば、修学旅行,社員旅行,慰安旅行のケースが多い。

ところが、最近のバス旅行の種類は増加し、高速バス(昼間),夜行バスでの運行範囲は拡大の傾向。(※その分、夜行列車の本数が減る結果となった。)

夜行列車が無いとなれば、代替交通機関はもはや夜行バスしかないのです。(※但し、国鉄バス(現JRバス各社)はかなり前から運行しています。)

本題に入りますが、6月21日に行われた「リンクシェア・フェア 2014」の会場内で、WILLER TRAVEL のブースに立ち寄るだけでなく、展示しているシートの着席体験をすることが出来ましたので、リポートします。

※読者の皆様へのへの留意点:シートの座り心地は管理者自身の所感であり、個人差がありますことをご了承ください。

資料・リラックスシリーズ
リラックスシリーズの画像













先に座ってみたタイプのシートは「リラックスシリーズ」のシート。

座り心地はまずまずであったものの、フードをかぶせると苦戦する。(正直なところ、頭に接触する。)

スタッフの方に聞いたところ、実物より小さめとのこと。(どうにも小さく感じる訳だ。)

タイプ的に女性向きのシートといえる。

資料・ニュープレミアム(シートを元に戻した状態)
ニュープレミアムの画像













次に座ってみたタイプのシートは、「ニュープレミアム」のシート。

先にあげた「リラックスシリーズ」のシートの座り心地とは違う。

座面が硬めのためか、座りやすい。

※前面から見たニュープレミアムの着席(倒した状態)
前から見たニュープレミアムの着席画像













実際に座った様子の写真「前面」は上記の通り。(写真に写っている人物は当サイトの管理者本人。)

※左面から見たニュープレミアムの着席(倒した状態)
左面から見たニュープレミアムの着席画像













「左面」から見た実際に座った様子の写真は上記の通り。(写真に写っている人物は当サイトの管理者本人。)

シートを戻した状態にすれば寝なくて済みますが、シートを倒した状態で着席したので、このまま座り続けると、寝てしまうほどの感覚に感じます。

残念ながら 管理者自身は旅行に行く機会はありませんが、飛行機や新幹線の始発では目的地に間に合わない場合、夜行バスの利用をお勧めします。

※留意点:列車や飛行機の場合なら、駅のホーム,搭乗口に間に合えば良いですがが、バスの場合はそうは行かないので、出発時間の時間前に到着する必要があります。(係員の指示に従ってください。)

詳しく知りたい方は下記のリンクへ
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ホテルズドットコム・サイトのご紹介

管理者のコラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】
Hotels.com

かつては 旅行会社に出向いてから旅行に出掛けたのを思い出す。

管理者自身は宿泊するホテル探しをする条件として、1泊当たりの宿泊料金(予算)を元にホテル探しをしたものです。

当時は現在とは違い、インターネットの環境が無かったため、最寄の旅行会社の営業所(支店)に出向く必要があったのです。

現在は、随分便利になりました。

ここから本題に入りますが、先月(6月)21日 東京国際フォーラムに於いて、ホテルズドットコム のブースに立ち寄ることが出来ました。

時間があれば スタッフの方に主な利用層を尋ねる予定でありましたが、残念ながら尋ねることは出来ませんでした。

正直なところ、ブースに立ち寄るのが精一杯といったところ。

自宅に帰ってからサイトの紹介を考えたところ、気付いた点は下記の通り。

メリット:頻繁に国内や海外旅行,出張に行く方はお勧めするサイト。

留意点:検索可能なホテルの件数は29万件に及ぶため、目的地,予算などの条件をしっかり決めないと、予想外の結果にたどり着く可能性がある。また、交通機関選びの欄が無い為、別サイトにて検索する必要がある。

管理者からの所見:かつては国内旅行の経験は多いものの、海外旅行の経験は全く無い。国内旅行の場合なら、先に宿泊先の予約を決めてから交通機関での予約をすると良いかも知れません。

詳しく知りたい方は下記のリンクへ
ホテルズドットコム - 世界最大級のホテル予約サイト

スポンサーリンク